• 入会案内
  • お問い合わせ

総会・セミナー

学術総会

平成28年度の総会開催日程

第37回日本食品微生物学会学術総会

お礼

 平成28年9月15日(木)16日(金)の両日、東京 タワーホール船堀にて開催いたしました第37回日本食品微生物学会学術総会にご参加いただきました皆様、ご支援・協賛いただきました企業・団体各位の皆さまに心より厚くお礼申し上げます。
おかげさまで、口頭発表およびポスター発表として94題もの一般演題の発表と討論が行われました。特別講演1題、教育講演2題では食品安全のリスクコミュニケーション、有用微生物、食品衛生行政の国際化を取り上げました。2つのシンポジウムおよび1つのミニシンポジウムでは、食中毒細菌、寄生虫、かび、カビ毒を対象として企画を組み、テーマとしては広い範囲をカバーいたしました。

 参加者も600名を超える多数の方々に来ていただき、無事、盛会裏に終了することができました。心よりお礼申し上げます。また、例年と同様、厳選な審査の結果、優れた発表に対し「優秀発表賞」あるいは「優秀ポスター賞」として、計5題が選ばれ表彰させて頂きました。優秀な発表が多かったことから審査の先生方もご苦労されたと聞いております。

 今回は麻布大学が事務局を務めさせていただきましたことから「オール麻布でおもてなし」をモットーに取り組んでまいりました。当日は、何かと不行き届きな点、不手際が多々あったものと存じますが、何卒、ご容赦頂けます様お願い申し上げます。 最後に、本学術総会開催にあたり、多大なご指導およびご尽力頂きました諸先生、関係各位、並びに経済的ご支援を頂きました企業・団体各位に、深く感謝申し上げます。

平成28年9月17日
第37回日本食品微生物学会学術総会長
小西 良子

第37回日本食品微生物学会学術総会開催のご案内(第1報)

 第37回日本食品微生物学会学術総会を下記のとおり開催いたします。詳細は追ってご案内致します。多くの会員の皆様のご発表、ご参加をお願い申し上げます。

第37回日本食品微生物学会学術総会
学術総会長 小西良子
(麻布大学 生命・環境科学部)

会期 平成28年9月15日(木)~9月16日(金)
会場

タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
地下鉄 都営新宿線 船堀駅下車(北口から徒歩l分)

プログラム 特別講演
日程
9月15日(木)
講演者
熊谷 進氏(食品安全委員会委員)
演題
食の安全に関わるリスクの理解と伝え方
司会
小西 良子(麻布大学)

教育講演Ⅰ
日程
9月15日(木)
講演者
山田 修氏(酒類総合研究所 醸造技術応用研究部門 部門長)
演題
国菌?麹菌?
司会
高鳥 浩介氏

教育講演Ⅱ
日程
9月16日(金)
講演者
道野 英司課長(厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全部 監視安全課)
演題
今後の国際化に対応した食品安全行政 -TPP、HACCPへの取り組みも含めて-
司会
寺嶋 淳氏(国立医薬品食品衛生研究所)

シンポジウムⅠ「クドア属寄生虫-日韓の管理体制と最近の話題-」
日程
9月15日(木)
司会
大西 貴弘氏(国立医薬品食品衛生研究所)、鈴木 淳氏(東京都健康安全研究センター)

  1. 国内ヒラメ養殖現場のクドア対策の現状
    森 広一郎氏(国立研究開発法人 水産総合研究センター 増養殖研究所 病害防除部)
  2. 韓国でのクドア対策と診断の問題について
    林 奉洙氏(Jeju National University Fish Vaccine Research Center)
  3. 都内の粘液胞子虫に係る有症事例と魚介類の感染実態調査
    鈴木 淳氏(東京都健康安全研究センター)

シンポジウムⅡ「ゲノム配列に基づいた食中毒細菌の解析からわかること」
日程
9月16日(金)
司会
門間 千枝氏(東京都健康安全研究センター)、木村 凡氏(東京海洋大学)

  1. ゲノム配列分析によって成功した新型下痢毒素(CPILE)産生ウェルシュ菌の同定とその性状比較
    鎌田 洋一氏(岩手大学)
  2. ゲノムデータに基づく、カンピロバクターの蔓延要因と宿主・環境適応機構の探知
    朝倉 宏氏(国立医薬品食品衛生研究所)
  3. 分子疫学解析を用いた赤痢菌のサーベイランスについて
    泉谷 秀昌氏(国立感染症研究所)

ミニシンポジウム「食品のカビ、カビ毒および異物の汚染事例とその対策」
日程
9月16日(金)
司会
渡辺 麻衣子氏(国立医薬品食品衛生研究所)、吉浪 誠氏(イカリ消毒LC環境検査センター微生物検査グループ長)

  1. カビ毒(カビ毒汚染事例と規制)
    吉成 知也氏(国立医薬品食品衛生研究所)
  2. カビ(形態と遺伝子をうまく活用した分類・同定の実際)
    橋本 ルイコ氏(千葉県衛生研究所)
  3. 異物(カビが原因となった食品中の異物事例)
    矢内 美幸氏(日本食品分析センター多摩研究所)

日本食品微生物学会研究奨励賞 受賞記念講演(予定)
参加案内
参加資格
会員、非会員を問わず、どなたでも参加できます。
参加費
講演要旨集代を含みます。(講演要旨集のみ 3,000円)

正会員事前登録6,000円
正会員当日登録7,000円
非会員(当日のみ)8,000円
学生会員1,000円
*事前登録締め切り:7月31日(日)
*参加費の払い込みは、本学会誌綴じ込みの振込用紙をご利用ください。

なお、ホームページ上でのクレジット決済は行いません。

お申込はこちら
一般演題申込期間 5月9日(月)~6月17日(金)
講演要旨提出期間 6月6日(月)~7月8日(金)
口頭発表用PDFファイルの
提出締切日
9月2日(金)
学術交流会 日時 平成28年9月15日(木) 18:30- 21:00(時間は予定)
場所 タワーホール船堀2階 宴会場
会費 5,000円
*できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
*事前登録締め切り日:7月31日(日)
宿泊案内等 斡旋はいたしませんので、各自でご手配をお願いします。
学術総会事務局 〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
麻布大学 生命・環境科学部 微生物学研究室内
第37回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当: 石﨑 直人(いしざき なおと)
Tel: 042-754-7111 (内線2368)
E-mail: jsfm37@azabu-u.ac.jp
学術総会ホームページ:http://www.jsfm.jp/conf/2016/
過去の総会・セミナー開催実績